親離れ子離れ不適応

一番の原因は親の子離れが出来ないケースが元々存在する事から始ま る。親の子離れは育児の時代から子供を独立した人格と認識できなくて、過保護、過干渉、(マイナス言葉)で育てる親が原因。子供が自立したり結婚した時に は一切手を引きべきだが、それが出来ない。このような親に育てられる子供が親離れできないケースを生む。更には上の社会不適応や出社拒否症等を生ずる「自 立」していない人格を作る元に成っている。現在60代から下の年代の親がこのような原因を作っている可能性が高い。